映画『衝動ー世界で唯一のダンサオーラ』

映画『衝動ー世界で唯一のダンサオーラ』

映画『衝動ー世界で唯一のダンサオーラ』
映画『衝動ー世界で唯一のダンサオーラ』
来日公演決定!

イントロダクション
INTRODUCTION

スペイン芸術界最高の栄誉「スペイン国家舞踊賞」を26歳の若さで受賞。2018年にイギリスの舞台芸術の最⾼賞「ローレンス・オリヴィエ賞」ノミネート。伝統的なフラメンコをベースにしながら、革新的なスタイルでフラメンコの世界を押し広げ、世界的な評価を確立したロシオは、他の舞台芸術や現代アートの世界からも熱い視線を送られている。
3歳でダンスに目覚め、恵まれているとはいえない体格をものともせず頂点に上り詰めた彼女は自らをダンサオーラ(*)と呼び、その天才的なリズム感、驚異的な身体能力、天性の芸術的感性で異次元のステージを繰り広げる。
本映画は、彼女のステージの創作現場を追ったドキュメンタリー。パリのエッフェル塔を望むシャイヨー国立舞踊劇場での上演までの道のりに密着した。仲間たちとの創作、練習、そして圧巻の本番のステージ。フラメンコ界の重鎮、ラ・チャナやフェルナンド・デ・ラ・モレーナたちとの心震えるセッション。そして、家族や本人のインタビューを通して、彼女の心の内側にも迫る。
世界中のファンを魅了してやまない彼女のパフォーマンスやステージはどのように出来上がっていくのか。フラメンコの枠を超えた注目を浴びながら、フラメンコの魂を持ち続ける彼女が追求するステージとは

*ダンサオーラ:ダンサーとバイラオーラ
(女性フラメンコダンサー)を掛けた造語

ロシオ・モリーナとは
About ROCIO MOLINA

ロシオ・モリーナ プロフィール

1984年、スペインのマラガに生まれる。3歳から踊りを始める。7歳でオリジナルの振り付けを考えた。17歳のときにマリア・パヘス舞踊団へ入団し、世界各地で活躍。2002年、マドリッド王立舞踊高等学校を卒業。2005年、ビトリア中央劇場にて処女作 『Entre Paredes』を発表。翌年以降も次々と精力的に新作を発表し、ヨーロッパや北米など各地で好評を博す。2010年、若干26歳にして「スペイン国家舞踊賞」を受賞。カルロス・サウラ監督『フラメンコ・フラメンコ』(2010)にも出演。28歳の時に上演した『Oro Viejo』では、それを鑑賞したミハイル・バリシニコムが感動し、彼女の前で跪いた。また、2018年にはイギリスの舞台芸術の最高賞、ローレンス・オリヴィエ賞に、「フラメンコ表現の限界を押し広げたことに対して」ノミネートされる。 ロシオ・モリーナ舞踊団として、2014年に『10年の軌跡』(Bunkamuraオーチャードホール)、2015年に『AFECTOS ―アフェクトスー』(東京国際フォーラム)で来日公演を行っている。2020年3月にはロシオ・モリーナ舞踊団として『Caída del Cielo (カイーダ・デル・シエロ)―天から落ちてきてー』(日本青年館)を上演予定。

コメント
COMMENT

順不同

類稀な生まれついてのダンサー!

EL MUNDO

まさに情熱の権化!
直ちにその体を引き離さなければ、
発作を繰り返し、その美しさと激しい情熱で大変なことになる!

LA VANGUARDIA

これまでで最も素晴らしいフラメンコダンサーだ!

THE NEW YORK TIMES

監督
DIRECTOR

エミリオ・ベルモンテ

スペイン生まれ。監督、詩人。
バレンシア大学で工学と文学を学んだ後、1999年にフランスに移住。
テレビドキュメンタリーの監督となる。
本作は彼の初の長編ドキュメンタリー。

監督のことば

初めてロシオが踊るのを見たとき、「フラメンコ」ではなく、その信じられないほどモダンな身振りに魅了された。そして、伝統と現代性が混ざり合った彼女のアイデンティティに気づいた。私は40年前にスペインのアルメリアで生まれた。父はフラメンコが好きで、芸術の基礎を私に教育してくれた。私は23歳の時にフランスに来たが、フラメンコは停滞していて目新しさのないものだと思っていた。「既にすべてを見ている…」ロシオは、私のこの確信を根底から覆した。
彼女のダンスは私に語りかけ、子供だった頃に私を連れ戻す。ロシオについて最も尊敬するのは大胆さだ。その大胆さと彼女を取り巻く謎を撮影したいと思った。そして、シャイヨー国立舞踊劇場における新しいステージの創作に密着し、彼女のダンス人生の重要な瞬間をカメラに収めた。制約を持たず、この素晴らしい芸術家との旅の一部を皆と共有したい。

劇場情報
THEATER

2020年1月21日現在
地域 劇場 電話番号 公開日
宮城 フォーラム仙台/チネ・ラヴィータ 022-728-7866 近日公開
山形 フォーラム山形 023-632-3220 近日公開
福島 フォーラム福島 024-533-1717 近日公開
東京 東劇 03-3541-2711 3月13日(金)~
東京 東京都写真美術館ホール 03-3280-0099 3月13日(金)~
神奈川 シネマ・ジャック&ベティ 045-243-9800 近日公開
愛知 名演小劇場 052-931-1701 近日公開
大阪 シネ・リーブル梅田 06-6440-5930 近日公開